膣内環境もあること知ってますか?膣内フローラを整える方法

エイジングケア

みなさんは、膣内環境を整えることを意識したことはありますか?

腸内フローラがあるように、膣内フローラも存在します。

そして、膣内環境を整えることが健康に繋がるように、腸内環境を整えることも大切なのです。

今回は膣内フローラに注目し、膣内環境を整えるメソッドを一緒に確認していきましょう。

膣内フローラとは

女性の膣内には、沢山の様々な善玉菌や悪玉菌などの細菌が棲んでいます。これを膣内細菌叢または膣内フローラといいます。

膣内を健康に保つのに活躍してくれている菌が、デーデルライン桿菌(かんきん)と呼ばれているラクトバチルス属の乳酸菌です。

デーデルライン桿菌はグリコーゲンを栄養とし、乳酸を分泌する働きを持っています。
この乳酸により膣は酸性に保たれ、病原体を抑制します。このような働きは膣の自浄作用といいます。

膣内善玉菌 = デーデルライン桿菌

膣内悪玉菌 = 有害細菌 

自浄作用が弱くなる要因

自浄作用が弱くなってしまう要因とは、次のようなものがあります。

  • ホルモンバランス
    個人差はありますが、ピルの服用や月経前 妊娠中などは、膣内がアルカリ性になりやすく、それにより病原体が増殖しやすくなることがあります。

  • 更年期
    閉経するとデーデルライン桿菌が極端に減少します。そのため、雑菌が増殖したり、炎症を起こしやすくなることも。 

  • 抗生物質
    抗生物質は細菌の増殖を抑制する働きがありますので、善玉菌まで殺菌してしまう場合があります。

  • 疲れやストレス
    疲れたりストレスが蓄積されることで、女性ホルモンのバランスが乱れ、病原体が増殖しやすくなることもあります。
  • 老化
    残念ながらデーデルライン桿菌は、加齢による老化と共に減少していきます。

  • フェムゾーンの洗いすぎ
    洗浄力の強いソープでの洗いすぎに要注意。善玉菌が洗い流されてしまいます。

  • 不衛生なフェムゾーン
    病原体が増殖しやすい環境を作ってしまう場合も…。

  • 下着の締め付けやムレ
    締め付けやムレにより、こちらも病原体が増殖しやすい環境を招いてしまうことも。

膣内フローラのバランスが崩れてしまうと…

  • 臭い
  • かゆみ
  • おりものの変化
  • 膀胱炎
  • 膣炎
  • 子宮のトラブル   など

膣内フローラが崩れてしまうと、さまざまなフェムゾーントラブルの要因に…

膣内フローラを整える

腟内も腸内環境同様に、善玉菌が優勢になるよう整えておくことが大切です。

ここからは、膣内フローラを整えるメソッドを覗いていきましょう。

腸内環境を整える

肛門と膣は近くにあり、腸内細菌と膣炎細菌は行き来し合っています。
そのため、腸内フローラを整えることで、膣内フローラが整いやすくなります。

フェムケア専用の製品を使う

フェムゾーンの洗いすぎは、善玉菌を洗い流してしまう可能性があります。
毎日のフェムケアには、フェムゾーン専用の製品を使うようにしましょう。フェムゾーン専用のソープは、フェムゾーンに合わせた弱酸性のものが多く、フェムゾーンに合わせてつくられているためおすすめしています。
毎日のことなので、成分などもしっかり確認し、自分に合ったものを使用しましょう。

フェムケアとは|更年期女性の正しいフェムゾーンのケアの方法 | エイジレス手帳 (anti-aging-japan.com)

パンティライナーのつけっぱなしNG

パンティライナーを、つい長時間つけっぱなしにしてしまっていませんか?つけっぱなしでは、雑菌繁殖してしまうので、当然膣内フローラによくありませんね。
締め付けられるような下着も同様です。

パンティライナーを使用する際は、こまめに取り替えること。
また、下着はいつでも清潔に保つようにしましょう。

膣内環境の整え方

  • 睡眠をしっかりとる
  • ストレスを溜めない
  • 発酵食品など積極的に摂り入れる
  • 食物繊維をしっかり摂る

    膣内環境を整えるサプリメントも数多く販売していますが、まずは自分で出来ることをしっかり見直していきましょう。

膣内環境って大切

普段の生活で腸内環境を意識している方は多いと思いますが、腸内環境だけでなく膣内環境も意識して、いくつになっても快適に毎日を過ごせるよう、膣内フローラをしっかり整えましょう。

私たち女性にとって、膣内環境を含むフェムゾーン(デリケートゾーン)は、とても大切な部位です。これからは目を反らさずちゃんと向き合わなくてはならない、大切なカラダの一部です。

わたしもフェムテックについて学ぶまでは、フェムゾーンケアの大切さも知らずにいましたし、ついつい遠ざけてしまう話題のひとつでした。
しかし、もっとちゃんと向き合わなければいけないことを知り、こうして多くの女性に伝わることを願ってフェムゾーンケアを取り上げています。

デリケートな部位と隠す時代から、向き合う時代へ…
膣内環境を整えて、エイジレスライフを目指しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました