冬は水分不足で内側もカサカサ⁉乾燥を防ぐ水分補給とは

エイジングケア

冬の季節は寒さのせいで、ノドが乾くまで水分補給を忘れてしまいがちです。

しかしこの寒い冬の時期は、じつはカラダの内側まで乾燥でカラカラかもしれません。
お肌もカサカサになる季節なのに、内側もカサカサなんて…なんとか対策したいですよね。

冬の乾燥と水分

体内水分量が不足することで、カラダの内側も乾燥してしまいます。そうなると、さまざまなトラブルを引き起こしてしまう可能性があるのです。
じつは、ノドの渇きは、体内の水分が不足してから起こります。
冬は特に水分不足に気づきにくいので、意識的にこまめな水分補給をおこなうことが大切です。

体内水分量をCHECK

体内の水分量は、年齢によっても多少変わってきます。

成人 約60%
老人 約50%
子供 約70%

成人の1日に必要な水分量は、以下の式で計算できます。

必要水分量(ml/日)=体重(kg)×年齢別必要水分量(ml/kg/日)

  • 22歳~54歳:1日あたり35ml/kg
  • 55歳~64歳:1日あたり30ml/kg
  • 65歳以上:1日あたり25ml/kg

例)体重50kgの40歳女性
50(kg)×35(ml)=1750(ml)
必要水分量は、食事に含まれる水分量 約600ml 前後の水分量も含む

投与エネルギー・ 水分量をどう決める?

水分補給のメリット

適度な水分補給を行うことで、体内の水分が確保されると、どのようなメリットが期待できるのでしょうか。

  • お肌のうるおい
  • 排便コントロール
  • 新陳代謝や免疫力UPに期待
  • 体温調節
  • 毒素排出に繋がる
  • 血のめぐり良くする  など

カラダに大切な事ばかりですね。

どんな悪影響が起こる?

では、体内の水分が不足すると、病気以外では、どのような悪影響を及ぼすのでしょうか。

  • むくみ
    水分の摂り過ぎで浮腫が起こることは、聞いたことがあるとおもいますが、水分不足でも浮腫を引き起こしてしまいます。水分不足から、腎臓が尿量を減らし、水分を溜め込もうとします。そうすると、浮腫が起こってしまいます。

  • 排便トラブル
    水分不足は、排便のトラブルにもつながります。便は70〜80%の水分量が理想的ですが、水分不足により便の水分量が減ると、硬くなり排出されにくくなってしまいます。

  • 肌サイクル
    水分不足は古い角質が剥がれ落ちずに、ターンオーバーが乱れてしまいます。古い細胞が正常に生まれ変われなくなり、肌荒れに繋がってしまうのです。

正しい水分補給

水分をただ摂るのではなく、カラダにいき渡るような、水分補給を心がけましょう。
ここからは、正しい水分補給の方法をご紹介していきます。

水道水から簡単に浄水!シリカ水が作れます【高機能浄水器Welvina】

朝起きたら…


朝起きたら白湯をゆっくり飲むと、胃腸を温めながら活発にしてくれます。代謝や血のめぐりを良くすることに期待できますので、朝一番の白湯は水分補給におすすめ。冷たい水だと、体を冷やしてしまうので要注意です。

就寝前に…


就寝中は汗をかいて水分が奪われています。就寝前に1杯の白湯(約150~200㎖)を飲むと、体内の水分不足を予防できますね。

運動などで沢山汗をかいたら

沢山汗をかいたときは、スポーツドリンク(経口補水液)で水分補給を。スポーツドリンクには、塩分と糖分が両方含まれています。これは水分を効率よく体内に吸収するためです。
ただし、水分補給すべてをスポーツドリンクにしてしまうと、塩分や糖分を摂り過ぎてしまいますので、大量に汗をかいた時などのタイミングに飲むのがおすすめです。

温度や飲み方

水分は、ゆっくり飲むことで吸収力が上がります。
水の場合、冷たいお水より、常温のお水の方が吸収しやすいです。

飲むものに注意

コーヒーや紅茶、緑茶など、カフェインが含まれている飲み物は、体内の水分を排出する作用があるため、水分補給としてはNGです。
また、ジュースには多くの糖分が含まれているので、飲む量には気を付けてくださいね。

食事からも…

水分補給は、飲料水から摂取するだけではありません。食事からの水分と、食べ物が代謝される過程で生まれる水分もあります。
ですから、バランスの良い食事を心掛け、食べ物からもしっかり水分を確保しましょう。

冬でも水分補給を

冬の寒さで一日中暖房の中で過ごしていると、内側も外側もカラカラ状態かもしれません。
わたしも、もともと乾燥肌で、油断するとすぐに全身カサカサになります。このことが内側でも起こっていると思うとゾッとしてしまいます。

冬場は特に正しい水分補給を心掛けて、潤いを逃さないようにしていきたいですね。

有害物質を吸着!ご家庭の水を安心出来る水に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました