内側のエイジングケアは何歳から?老化を遅らせる3つの内側ケアメソッド

エイジングケア

※当サイトはアフィリエイト広告を利⽤しています。

外側のエイジングケアは、早ければ早いほどいいと言われていますよね。では内側のケアはどうでしょう。今回のテーマは内側のエイジングサインと、老化を遅らせる内側エイジングケアをご紹介します。

内側のエイジングケアは何歳から?

エイジングケアをスタートする年齢の定義はありませんが、やはり早くから意識することは大切だと思います。ここからは、外側のエイジングサインと内側のエイジングサインから覗いてみましょう。

外側のエイジングサインとは

お肌のエイジングサインが出てくるのは、個人差はありますが20代後半くらいからという声がよく聞こえてきます。
仕事に育児にプライベートに…何かと忙しい日々、睡眠不足、食事の偏りや不摂生が続いたり…、そんな生活が続くと30代でお肌の変化を感じるようになります。
乾燥 くすみ シミ 小ジワなど、お肌の変化がではじめたら、それは外側からのエイジングサインです。

内側のエイジングサインは

お肌のエイジングを感じたら、それは内側からのサインでもあります。
栄養が偏っていたり、質の良い睡眠が取れていない、ストレスを感じている…と、様々な要因から老化は進行し始めます。
サインを見逃さず、外側のケアだけでなく内側のケアも同時に意識することが大切なのです。

老化を遅らせる3つの内側ケアのメソッド

じつは、3つのカラダの機能を回復させることが、内側のエイジングケアに大変重要です。

免疫力アップ

免疫力は体内のあらゆるところで様々な外敵から体を守っている防衛システムで、健康な状態を維持してくれています。免疫力には、自然免疫と獲得免疫があります。

自然免疫…生まれつき備わっている免疫
獲得免疫…自然免疫で働く細胞により活性化し、一度侵入してきた異物を記憶し次から攻撃します。

免疫力の低下は、細胞レベルでお肌の不調や内側の老化にも繋がっていきます。

免疫力をアップさせるメソッド

  • LPS (リポポリサッカライド)を摂る
    LPSは免疫細胞を活性化させてくれます。なんと、お肌の免疫機能に関わる細胞も活性化してくれるのです。
    LPSは土で育つ根菜類や海でとれる海藻類、玄米などに含まれています。
    積極的にお食事に摂り入れたいですね。
  • 生活環境を整える
    バランスの良い食生活 適度な運動 質の良い睡眠 ストレスを溜めない など、当たり前のことが出来ていない人は多いのです。毎日の生活のリズムを整えましょう。免疫力アップに欠かせないのは規則正しい生活習慣です。  
                 

抗酸化力

リンゴを切ってそのままにしておくと茶色く変色しますよね。これは酸素が様々な刺激を受け、細胞と結びつき起きる活性酸素による酸化で、体内でも起こっています。
この酸化も老化の原因のひとつ。外側ではシミやシワや白髪等が錆びつきにあたり、内側では生活習慣病等です。体の錆びつきを防ぐこと、つまり抗酸化が老化を遅らせる3つ目の鍵。

抗酸化力をアップさせるメソッド

  • SOD酵素(スーパーオキサイドディスムターゼ)を摂りいれる
    体内で作られるSOD酵素は一生分の量が決まっているので、年齢とともに減少してしまいます。そのためSOD酵素が多く含まれるルイボスティーやサプリメント等から摂りいれると良いでしょう。
    ※SOD酵素 細胞内に発生した活性酸素を除去する働きのある酵素
  • 抗酸化食品を摂る
    ポリフェノール ミネラル ビタミンC ビタミンE カロテノイドが多く含まれている食品は、抗酸化力に優れているので、バランスよく摂り入れていきましょう。

    ポリフェノール→プルーン・緑茶・赤ワイン・チョコレートなど
    ミネラル→海藻類・鰹節・豚肉など
    ビタミンC→ブロッコリー・キウイ・柑橘類など
    ビタミンE→アーモンド・アボカド・うなぎ・かぼちゃなど
    カロテノイド→トマト・緑黄色野菜・パプリカなど

管理栄養士・医学博士監修! 4種のすこやかナチュラルおやつ【BuddyNuts】

代謝アップ

代謝が低下しているということは幹細胞も減少していて、新しい肌がつくられにくくなってしまっています。代謝の低下はお肌のターンオーバーにも影響します。シミやシワやくすみの原因に。
いくら高級なスキンケアをして外側からケアしても、内側のケアを怠っていては、なかなか改善に結びつきません。

体温をアップさせることで代謝がアップに繋がります。体温が1℃上がると基礎代謝は約13%もアップします。36.5℃以上が理想的です。

代謝をアップさせるメソッド

  • 適度な水分補給 
    適度な水分を補給することで、代謝アップに繋がります。
    代謝を上げるための水分補給におすすめなのは炭酸水です。炭酸水は体内に炭酸ガスを増加させることで血流を良くし、血中の老廃物を押し出して血液サラサラへと導きます。内側から活性化し、代謝アップに繋がります。
  • 筋肉量をアップする
    抵抗・負荷をかけた筋力トレーニングである無酸素運動(レジスタンストレーニング)を取り入れた運動を心がけましょう。正しいフォームで行うスクワットは、大きな筋肉を鍛えられますし、簡単に摂り入れられる筋肉トレーニングです。
  • 質の良い朝食をとる
    朝食は脳と体を目覚めさせ、体温が上がり代謝もアップします。朝忙しくても、毎日質の良い朝食を摂るように心掛けてください。ショウガを入れたお粥やスープなど、カラダの温まる胃にやさしい朝食がおすすめです。

エイジングケアは継続が大事

このように3つの機能が低下すると、老化は加速してしまいます。
ですから、この3つの機能の低下をおさえ、回復させる事がエイジレスに繋がるということなんです。

わたしは何年もの間、朝食にトマトやプルーンブロッコリーはを欠かさず摂るようにしています。

毎日の積み重ねが、未来の健康で若々しい自分をつくりだします。年を重ねることは止められません。ならば、3つの機能の回復で老化に対抗しましょう!

400種!充実の検査項目【遺伝子検査キット チャットジーン】

コメント

タイトルとURLをコピーしました